2017/06/13

MA déshabillé S/S 2018 collection



ご無沙汰しています。

お元気でいらっしゃいますか?

先日6月9日の射手座の満月、ピカってましたねぇ!
6月9日 射手座満月 2017 あたりで是非検索してみてください。スピり情報が飛び交って、すんごい感楽しめます。



さてさて、待っていました!
MA déshabilléさんの受注会が今週末に行われるとのこと。




綺麗になりたいとか、優しくなりたいとか、知的になりたいとか、

そういった願望は大体、MAさんを着ると達成できると本気で思う。











































【S/S 2018 collection 受注展示会のお知らせ】 .
MA déshabillé では、
6/17(土)よりS/S 2018 collectionの受注展示会を開催いたします。

日時:2017年6月17日(土)、18日(日) 12:00-19:00
会場:SIEBEN 住所:東京都渋谷区元代々木町10-6 type7Bldg.2F
当日連絡先:09098537745

※宛名入りのメールを会場にてお見せいただきましたお客様は10%オフの価格にてお会計を承らせていただきます。
(メールご希望の方はSubscribeへのご登録をお願いいたします。)




六月大歌舞伎



















とても久しぶりに歌舞伎座へ行って、歌舞伎を観させて頂いた。


普通に過ごす事がとても難しい事だと知ったここ数年、
その中で久しぶりに触れる歌舞伎はなんと鼓舞させてくれるんでしょう。

喜びとか悲しみの感情が大きいほど、ここは浸透率が上がるようだ。


例えばこれをテレビで見ても、そんなに感動もしないだろうに、
なぜこんなにも響いて感じる事ができるんでしょうねとか、
そういう話をしながら満たされた気持ちで歌舞伎座を後にしました。


ありがとうございました。





追記
今月の歌舞伎座の舞台には花道が二つ。下手側(舞台向かって左)に通常ある花道を本花道と呼ぶのに対し、芝居の演出に応じて上手側に設置されるものを「仮花道」と呼んでいます。
歌舞伎好きのお客様は、仮花道が設置されていると、どの芝居のどの場面で使用されるのか、すぐにお判りになり、あるいは、「両花道だから観に行こう。」と切符を求めて下さるお客様もおられます。
kabuki-za.co.jp/より


この珍しいふたつ花道。ドキドキして観ていたら、まさかの一瞬歩いただけで終わった。
その為だけに設置するなんて...貧乏性の私には信じられないVIP使いだ。








2017/03/12

本日です


本日 日曜日、

渚ちゃんのネイルサービス、
17時にはeriちゃん渚ちゃん、村田さん、私でのトークショーです。

是非、お立ち寄りいただけましたらとても嬉しいです。


こちらは前回のビスポークのカスタムされた方々の作品。

カスタムってとてもたのしいし、
こうして一挙に見るとなんと面白いことでしょう。

本当に、面白い企画です。



日常のつまらなさ、張り倒しの乱。
























2017/03/10

MA déshabillé "Bespoke Creation"


また長らくブログを怠っていました。
すごく久しぶりな。

皆さまお元気でいらっしゃいますか?


さて、現在新宿伊勢丹にて
去年に行われた素晴らしい企画が再び開催中です。

前回の詳細はコチラ





そして今回はこちら⇩



MA déshabillé "Bespoke Creation"








































 - 開催日程 -
2017年3月1日(水)~2017年3月14日(火)

伊勢丹新宿 3階リスタイル内

MA deshabille ×希少な素材の独自性(残反・ヴィンテージ生地)דフクル”マスカスタマイゼーションプラットフォームによって作り上げるパーソナルなクリエイション。

大量生産が主流の繊維業界において、ITを活用したマスカスタマイゼーション(多品種一点生産)の取り組みを進めている“フクル”のプラットフォームを活用し、繊維産業の町である群馬県桐生市の機屋やパリに眠るヴィンテージの生地や、ボタンなどのパーツを用いて、MAのアイテムのカフスや襟などをカスタムできる。

“フクル”プラットフォームとは
お客様の趣向にあった「デザイン」「素材」「色」「柄」をお客様の体型に合わせて、
「サイズ調整」して一着ずつ手仕事で仕立て、生産余剰や在庫の生地を活用する仕組みを構築することで、高品質な材料にも関わらずこれまで廃棄されていた「在庫ロス」の問題を解決し、日本国内の質の高い繊維製品製造の技術とノウハウをIT・IoTを用いたインダストリアルインターネットを用いたアパレル版マスカスタマイゼーションアパレル製造プラットフォームです。











今回のカスタム用アイテムを探す旅について
村田さんがblogを書かれているのですが、
相変わらず、とてもいい小説を読んでいるようです。

なんだか現実ではないようで、
けれど伊勢丹に並んでいる生地やボタンなどは
その小説の中で実際に村田さんが持ってこられたもので
とても不思議で、妙に嬉しい感覚になります。

このお話を読んでからカスタムするとより一層
今回の企画を楽しめました。

『 やさしさにつつまれたなら 』























カスタムの一例をご紹介します。


-【William × hemp】¥82,000円~

紳士的な形のWilliamガウンに、春夏秋冬使いまくりのhemp生地カスタムです。
このhempはMarrakechで大人気ですが、Williamにするとまた全く印象が変わります。
襟元の生地は、村田さんのお話の中で登場する
"ショーの日も近づいている彼らが
「レストランに行くより、手料理の方がいいだろ!?」と言って、
丁寧に煮込んだボロネーゼのパスタ等々を振舞ってくれ、
彼ららしいコレクトのアートや骨董品の説明とかをしてくれた"友人からの。
























【William × パイル(black, pink)】¥ 59,000~
【Fuyuri × ハケ柄シルク(花柄黄)】¥69,000~


今回、私が個人的にカスタムしたいと思っているのはこのWiiliam×パイル。
襟とカフスをどれにしような悶々と悩んで、
贅の沢なため息なんかついちゃって、
嗚呼、私の大人になったわなんて思ったりしてにやけてさ。
デカダン酔いしれ暮らさないか。←詳しくは"ルナティック雑技団"をご参照ください
























































【Darlington × hemp】¥ 65,000~
【Fuyuri × ハケ柄シルク(花柄黄)】¥69,000~

hemp生地はこのDarlingtonでも。
そしてFuyuriはこのスペシャルなシルク花柄も本当に贅沢。
hemp生地と花柄生地。この相容れないような組み合わせが最高になる
MA déshabilléの凄み、着るとその感覚を知れるので是非一度お試しになっていただきたい。



























すぐお買い求め頂けるアイテムには、
babydollのベージュも新登場でオススメです。

春です。恋です。MA désabilléです。












































他にもたくさん、もっともっとご紹介したいアイテムがあるのですが、
やはり天下の伊勢丹さん。
お店に行くととても忙しくって悠長に写真撮っていられない。悦♡

ので是非、お立ち寄りください。



明日よりラストスパートで企画もあります。
12日には私も参加させていただきますので、
是非、皆さんにお会いできましたら幸いです。
どうぞよろしくお願い申し上げます。



<上杉美雪氏によるカスタムアドバイス>

 -  3月11日(土) 16:00 ~18:00

スタイリスト上杉美雪氏に直接カスタムのアドバイスを頂けるという、豪華な企画。
会期中にお越しいただいている皆様にはMA deshabilleスタッフがアドバイスをさせていただいておりますが、
プロのスタイリストとして活躍する上杉氏からのアドバイスは、貴重かつ大変素晴らしいものになることと思います。

ご購入いただくことは条件ではございませんので、
純粋に上杉氏と一緒にカスタマイズを楽しむことを目的に、お気軽にお越しくださいませ。


上杉美雪氏プロフィール
『ELLE japon』『FIGARO japon』などのモード誌や有名人のスタイリングなどを手がけるファッションスタイリスト。
着る人の個性も引き出すシックでエレガントなスタイリングと、洗練されたヴィジュアル作品で注目を集めている。


< DISCO 金子渚氏によるネイルサービス>

 -  3月12日(日) 14:00 ~

ネイルサロンDISCOオーナーでネイリストの金子渚氏によるネイルサービス。
MA deshabilleにまつわるモチーフや柄を、ネイルに表現していただきます。

< トークショー>

eri × 金子渚 × 小林布結里 × 村田明子
「”旅” - 旅行先での楽しみ、持っていくお洋服 - 」

 -  3月12日(日) 17:00 ~

mother / VTOPIAデザイナーであり、DEPTオーナー / バイヤーであるeri氏、ネイルサロンDISCOオーナーでネイリストの金子渚氏、
フリーランスPR / Ramblingの小林布結里氏、そしてMA deshabilleデザイナーの村田明子によるトークイベント
プライベートでも親しい交流のある4名に、“旅”をテーマに語っていただきます。











2017/01/12

小林布結里による”VINTAGE SELECT” ふたたび


先月Sisterにて催しましたこちらの企画。

すぐに完売したとうかがい、本当にありがとうございました。
"みなさんのおかげです"大好きだったなぁ。モジモジくんとか、保毛尾田保毛男とか

ご好評いただけてとても嬉しかった以上に、
わたしが一番楽しませていただけたので、


味をしめました。
今月も行わせていただきます。
今週14日(土)より!

小林布結里による”VINTAGE SELECT” ふたたび








スローガンにも綴りましたが、
Sister移転中、新店舗開店待ち期間を狙いましたので
今回の裏テーマは

小林布結里のヴィンテージセレクション第二弾
〜(まだ)店舗がないヨ!ふゆりのおすすめヴィンテージ大集合! 編〜




であります。無理やりドリフに寄せていることに気づいてください

今回は趣向を変えて、私物の古書を持ってきて
その作品に合わせたヴィンテージをセレクトし、
Sisterのセレクトデザイナーズと合わせてスタイリングしています。


では、全ラインナップご紹介です。





coordinate case # 001

BIBA: The Biba Experience
Sisterを始める時、出してきたイメージがBIBA帝国でした。 
BIBAとは60’s〜70’sのスウィンギンロンドン全盛期にその象徴でもあった伝説のブティックであります。 Sisterの1店舗目の内装はここからイメージされています。 
長尾にBIBA帝国の内装を見せられた時の高揚を思い出すと、今でもときめきます。 
そんなBIBAの世界が詰まった一冊。










セレクトヴィンテージ:エンパイアフラワーマキシスカート  
連想したのは長すぎるマキシフラワースカート。 
私の中で思うBIBAは漆黒、狂い咲く花々、 そして無秩序にその横にレオパードなど、 黒と、柄、柄。


and

















coordinate case # 002

In Biba
BIBAを創り上げたバーバラ・フラニッキのBIBA世界を詰めた一冊。
バーバラのデッサンなども入りBIBA好きにはたまらない一冊です。





































セレクトヴィンテージ:
ミドルライナージャケット&ペトロールコーデュロイパンツ

スタイリングに一見BIBAとは脈絡ないまとめ方を。
私がBIBAから受けた衝撃は、”自由”と類似する感覚であります。
自由を体現すると今はこういう感じで、少し経つとその自由はまた変わっていくのでしょうね。
ライナージャケットとコーデュロイパンツに、手前ブランドRamblingのレースと、パールネックレスの脈絡ない組み合わせ。

and
NECKLACE:Vintage(Sister)
TOPS:Rambling(SOLD OUT)
SHOS:PUMA(私物)



























coordinate case # 003

ない仕事の作り方
これは元気が出る本です。
活字を見て爆笑できるって、すごいよなぁ。
しかも活き活き感も与えてくれる一冊であります。
カバー汚しちゃったのでカバーないで失礼します。すみません




























セレクトヴィンテージ:ヌーディーナイトドレスレディ
そんな一冊から、ロマンティックなワンピースを。
前後ろ逆さに着ています。その方がこのワンピースは好きだなぁ。 もちろん正当な着方もかわいいワンピースですよ。



and
PANTS:CAMEO






















































































coordinate case # 004

ヤヌスの首
こちらはユミちゃんセレクションの本です。
本が足りなくなってユミちゃんからも持ち出してもらいました。
special thanks ユミちゃん!































セレクトヴィンテージ:デコラティブナイトシャツ
デコラティブな装飾柄と、大胆にサイドスリットなシャツ。
変化のない日常だって、穏やかな日々だって、何の脈絡なく唐突に大胆な柄で着飾るような、日々の抑揚を自分でも作っていく人生がいいです。
誰かのせいにはしたくないとか、90年代の歌手が歌っていそうな言葉にて。

and
NECKLACE:Vintage(Sister)
PUMPS:TOGA PULLA(私物)















































coordinate case # 005

ルナティック雑技団
90年代最恐の狂気、岡田あーみん先生が送る気狂い少女漫画。
大盤振る舞い!全3巻をお付けします。
“マダムゆりこ”を存分にご堪能ください。







セレクトヴィンテージ:スタンドカラーフォーマルドレス
美しいスタンドカラーと整列されたくるみボタン。
きっちりと整ったティアードスカート。
神経を尖らせたフォーマルなワンピース。
乱さないことが乱れること。


























coordinate case # 006

永すぎた春
初々しく、其れゆえに、な人間賛歌小説。
部屋の描写のシーンがとても好き。
その時代の純潔さと不道徳さがなんともヘンテコであります。

















セレクトヴィンテージ:ハイレギュラープリーツスカート
そんな一冊に、正しいプリーツスカート。
秩序を保って、膝を隠して、デンジャラス。


and
DRESS:CAMEO
COAT:CAMEO































coordinate case # 007

金閣寺
この作品は本当に凄いですよね。有為子と言う登場人物を強烈に覚えています。















セレクトヴィンテージ:サディスティックピュアホワイトワンピース

さてこの一冊に、おののく程の美しい真っ白なワンピースを。
何というか、刹那的なこの美しさはとてもあやうい佇まいであります。
ヴィンテージのワンピースでたまに唐突に現れるこういった存在。
いつもこういう出会いには目が離せません。




























coordinate case # 008

罪と罰
ユミちゃんセレクションの一冊です。ありがとう!













セレクトヴィンテージ:レッドガーデントップス
なんと振り切ったフサフサでしょう。
非日常的で、自由で、目を奪われるトップスです。
咲き狂った花畑のようで、女性らしい。
春に着るべき一着であります。


and



























coordinate case # 009

作家の顔
こちらもユミちゃんセレクション。














セレクトヴィンテージ:ペールクロスロングベストジャケット
こちらはロングベストジャケットをセレクションさせて頂きます。
軽やかな素材と、春に想いを馳せる色合い、背中には十文字。
ありがとう、ポケットもしっかりと完備。
機能性もよろしいドレスジャケットなのでフォーマルなシーンにもお薦めいたしますよ。

and
JACKET:JULIENDAVID
EYEWEAR:PEARL














































coordinate case # 010

小説家の休暇
三島さんのエッセイは本当に毒たっぷりで面白い。























セレクトヴィンテージ:フォレストニットカーディガン&エバーグリーンロングシャツ

と言うことで、こちらの一冊へのセレクションは緑と青の統一で。
ロングシャツはそのまま羽織としても、
ワンピースとしてもお好きに楽しまれますように。
温かみあるニットカーディガンは大ぶりなのでしっかり手の甲を隠して女の子らしくめかし込んでよろしい。
色を楽しむ1コーデとして是非。

and
PANTS:Rambling




















coordinate case # 011

津軽
こちらもユミちゃん本。
「これ持ってきたよ〜!」って出してくれたラインナップに口角あがりました。
改めましてご協力ありがとうユミちゃん。








セレクトヴィンテージ:フラワーサイケデリックフレアワンピース
狂い咲いているのに妙に奥ゆかしさを感じるお花柄。
ポケットも付けてくださってありがたい。
30歳を過ぎてから、奥ゆかしさとはなんぞやと考えることがあるのですが、
折角努めてみた奥ゆき、ちゃんと人様に気づいて頂きたいものですよね。
と言うことで無言で主張する為の、貞淑なる狂い咲きお花柄。


and
JACKET:JULIENDAVID






































長々お付きあいありがとうございました。

1/14(土)、ぜひお楽しみ頂けますと幸いです。
よろしくお願いいたします