2014/10/30

立て続けのしかし




TARO HORIUCHIのS/S、
何をオーダーしようか思案中。



やっぱり第一候補はLIMONTA×KOMATSUナイロン1-800シリーズ。
ジャケットもいいけれどスカートが使えそうだなと考えている、はいいけれど
色で悩む。
ブルーかオレンジ...
ブルーの深みが好きだし、オレンジの渋みも好きです。
オレンジ、妙に今の季節の秋にも似合いそう。

春に秋の色を着る事が、私の中での理想の大人像でもあります。
例えばベージュのトレンチコートだって。


















































しかし困りました。
この素材にはグレーもあったのだ。
このオールグレーの組み合わせ、非常に好きです。






































































しかし、このフレアパンツも欲しいのです。
とってもフレアで軽やかで、やっぱり思い出すだけでもうっとりとする。
しょっちゅうスニーカーを履くので、こういうボトムは妙に相性が良い所も好きです。
これはホワイトとピンクの2色展開。
参ったなおい...






























































だがまたしかしアシンメトリースカートだって忘れやしない。するもんか。
ドレープの出るものにはもう弱くって。
これのブラックにも強く惹かれています。




















































しかしふと気付く、
ここの所、私はワンピースというものを買っていないのではないか。
そう考えてみるとワンピースはある意味で自由さの象徴でもあるような気がする。

























ああ、色の自由もある。
執着や固執に囚われがちな社会生活においての心の開放はここからも出来そうだ。
長尾が私にブルーを買うのかと聞いて来ました。
このパンツのブラックを狙っているらしい。

















































コレクションでのこの子、パンツ丸出しでかわいかったな〜
さすがに日常生活では難しそうなので、中にデニムを履きたい。














































悶々と悩み続けていますが、
同じく悩まれていらっしゃる方へ、ご質問はなるべくご説明します。











ヨコハマトリエンナーレ




おそらく約6年ぶりにヨコハマトリエンナーレへ行きました。

3年に1度行われるという事は、前回行っていないから多分6年もたったのだろうな。メランコリー


あの時行った時はとても豪華に感じたのですが、
2008年トリエンナーレには、オノヨーコ始め、マシューバーニーやアブラモヴィッチさんも参加していた!
妙にあの当時の自分には好きだった作品が多くって、
トリエンナーレは贅沢な催しだという記憶となっていました。

その3年後のトリエンナーレはおそらく震災の年で、気付いたら終わっていて行けず、
なので今回6年ぶり。


あの時の記憶が綺麗にしまわれていたものだから、今回も行くまでに一ヶ月うずうずしていてとっても楽しみにしていました。



が、今回の参加アーティストと構成とは自分の好みではなかった...
ので期待して行っちゃったものだからなかなか残念に終了。



考えは凄く面白いんですけれど
肝心な表現方法に惹かれないものが多かった...

知識ないので、単純にビジュアルで好き嫌いを決めてしまう所があり、
良くないですね。もっと知って行けば楽しそうだ。


しかし参加型の作品やダイナミックな作品が多くて、
そういった賑やかな美術展はとても嬉しいので、やっぱり行けて良かった。



今回で一番好きだったのは、
マルセル・ブロータースの「猫のインタビュー」
作家が愛猫へ、絵画作品や美術をめぐる状況について意見を求める音声だけの作品。

でもその空間も好きで、
暗闇に机があり向き合った二脚のイスと中央の机、
机の上にインタビュー内容が文字で書かれていて分かりやすく、その場所から音声が聞こえ続けます。
インタビュアー(作家)が美術に関しての難しい質問を投げかける度に猫が「ニャ、ニャア〜」と答え続けます。

一見くだらなくて、でもなんだか哲学的で、
その見せ方も好きでした。



そんなトリエンナーレ、
次の3年後も行きたい。


11月3日までともうすぐ終了です。
初々しいデートとかで行きたいな〜





























明日31日より


S/S店頭受注会の第二弾を
明日31日(金)〜11月3日(月)で行います。

今回はMURRAL、MalcolmGuerreとなります。

そして、シークレットゲストブランドも参加頂いていますので、
是非直接店頭でお確かめ下さい。



さて明日の受注会で最も展開の多いMURRAL
今回も彼らの優しさがフルに反映されています。

等身大の優しいコレクションです。
是非お越し下さい。

オンラインでのPRE ORDERは11月4日(火)からとなります。

そしてメルマガ登録頂いている方にはすでにお知らせしていますが、
明日からオンラインでも特別ページが設置されますので、
メルマガが届いていらっしゃらない方は是非ご登録下さい。










































































2014/10/29

【かなり長くなりますよ】TARO HORIUCHI 展示会


TARO HORIUCHIS/Sメインコレクション展示会へ。




20世紀後半のベルギーを代表する彫刻家パナマレンコが今回のテーマで、
各アイテムどれも妙に愛着の沸く、古き良き近未来/宇宙願望が漂っているようでした。
あくまでアナログに飛行物体を作り続けるパナマレンコの手法がまたそう思わせてキュンとします。
「宇宙/飛行へ対するロマン」というカテゴリーの芸術ってある気がする。








































Sister blogFAKETOKYO.comでもLOOK更新されましたので
是非ご覧下さい。凄くかわいいです。

















【LOOK 1】
DRESS:プリントドレス ¥36,000-(3月デリバリー予定)
SKIRT:アシンメトリーロングスカート ¥38,000-(3月デリバリー予定)
SHOES:ベルクロスニーカー/イエロー ¥19,000-(4月デリバリー予定)
コレクションでも最も際立っていて、今月号のWWDの表紙にもなっているこのルック。
このグラフィックはSKATETHINGさんが担当。
植物と鉄塔が描かれたグラフィックは、有機物と無機物、
相反する存在としてパナマレンコのイメージから作られたグラフィックとの事。
鉄塔好きの方、お待たせしました。



























































【LOOK 2-A】
TOPS:ピンクトップス ¥18,000-(3月デリバリー予定)
PANTS:ワイドパンツ/イエロー ¥36,000-(3月デリバリー予定)
SUNGLASS:BLANC.コラボ クリアグレー×グレー ¥25,000-(3月デリバリー予定)
BAG:フリスビーケース/ピンク ¥15,000-(3月デリバリー予定)
LOOK 1から薄々気付いていたけれど、なんたる快活な配色。
こんなに元気なのに、妙で立体でカジュアルな素材なもので何の心配も感じない。












































トップスの赤はピンクと明記されますが、もっと赤です。
LOOK1スカートと同じ素材。
柔らかくて軽くて風通しがよくて、アナログに近未来感覚はここからも。








































コレクションで見てかわいいと強く思った、フリスビーバッグ。
フリスビー好きの方、お待たせしました。











































TAROさん定番のワイドパンツ、今回はとても気持ち良いトリアセジョーゼット展開。
こちらイエローとブルー、ブラックがあります。
TAROさんの定番系シンプルアイテムは必ず重宝するので物凄くお勧めです。
どれもなぜか身体がすっきり見える不思議。あれなんでなんだろう。











































【LOOK 2-B】
PANTS:ワイドパンツ/ブルー ¥36,000-(3月デリバリー予定)
こちらブルーカラー。
困った、欲しい。


















































【LOOK 3】
DRESS:ニットドレス/ブルー ¥72,000-(3月デリバリー予定)
SKIRT:LIMONTA×KOMATSUナイロン 刺繍入りギャザースカート/ブルー ¥38,000-(3月デリバリー予定)
BAG:フリスビーケース/プリント ¥15,000-(3月デリバリー予定)
SHOES:ベルクロスニーカー/イエロー ¥19,000-(4月デリバリー予定)
今回ブルーもとても綺麗で引き寄せられます。
やっぱり春夏も統一色のお洋服合わせがしたい。(と、今赤統一の格好でこのブログを書いている)
そこに別方向の色の小物、ア〜バン。

そしてこのスカート。この素材アイテムがこのコレクションで私が最も好きなもの。
















TAROさんらしい妙な形になるニットワンピースは、
サイドがボタンで開閉ご自由に。



















フリスビーケースにも植物鉄塔展開。


















































【LOOK 4-A】
COAT:LIMONTA×KOMATSUナイロン 刺繍入り ロングコート ¥78,000-(3月デリバリー予定)
BAG:フリスビーケース/ホワイト ¥15,000-(3月デリバリー予定)
SUNGLASS:BLANC.コラボ クリア×ミラーブルー¥25,000-(3月デリバリー予定)

先程のナイロンスカートの同じ素材のコート。
このコートの形もTAROさん定番の形で、これがまた異常に使える形であります。
そして本当にこのナイロンアイテム達、素晴らしいんですよ。
この素材アイテムは説明が凄いですよ、行きます。

























LIMONTA(リモンタ)はイタリアの老舗ファブリックメーカー。
PRADAやHERMES、GUCCIそしてLOUIS VUITTONもこのブランドファブリックを使用していて、TAROさんはずっとこのメーカー好きであったそうです。
そのLIMONTAと、こちらも老舗の日本先端ファブリックメーカー小松精練が
今年提携を結び、
記念すべき初ファブリックを今回のTAROHORIUCHIは使用しています。
伊日老舗コラボナイロン。
最近ナイロン素材とても気になっていた矢先に凄いの来た。嬉しい。






















このナイロンアイテムすべてに、この刺繍が入っています。
「1-800」
羅列が妙にアナログフューチャリスティックでありますが、










































TAROさんの好きな
James Blakeのレーベル/チーム、「1-800 Dinosaur」からとったらしい。
TAROさんの流暢な発音での説明と、自分の好きなもの放題に本当にびっくり。
楽しそうだなおい。
私はこの1-800ダイナソーに縁がないのですが、TAROさんのそういう楽しい服作りが好きなのでその点でえらく気に入っておりまして、
なので今回一番好きなアイテムがこのナイロンシリーズです。




























LOOK 5
SKIRT:LIMONTA×KOMATSUナイロン 刺繍入りギャザースカート/オレンジ ¥38,000-(3月デリバリー予定)

ナイロンスカートはこのオレンジも良いんですよ。
サンプルは無いけれどグレーとブラックもあり4色展開。
やや渋みのあるこのオレンジも好きだな...困った。











































スカートへの1-800刺繍はポケットのところに。
ナンバリングされているようで、SF映画感が妙に楽しいのもまた不思議。










































【LOOK 4-B】
LONG T-SHIRTS:ボーダーニット/ネイビー×イエロー ¥24,000-(4月デリバリー予定)
PANTS:ボーダーニットロングフレア/ネイビー×イエロー ¥36,000-(4月デリバリー予定)
コレクションで随分とゴキゲンなアイテムだなと思っていたこのコンビ。
着心地が気持ち良くてはもちろんで、シンプルに早過ぎるこのシルエットが好きです。
TAROさん、パンツをスカートに見せかける節がある。














































【LOOK 5】
LONG T-SHIRTS:スイスコットンスムースTシャツ ¥20,000-(4月デリバリー予定)

こちらのグラフィックはTAROHORIUCHIパナマレンコオリジナル。
なんかウケる、なんだこの妙な力の抜ける感じは。











































【LOOK 6】
T-SHIRTS:UFOプリント ¥16,000-(4月デリバリー予定)
SKIRT:アシンメトリーフレアスカート/グリーン ¥42,000-(3月デリバリー予定)

TAROさんと言えば毎シーズン必ずアシンメトリーアイテムも出してくれます。
いつもそこで使用する生地の量が豪快なので、とても美しいドレープにうっとりするのですが、今回はまた不思議な生地でその美しさ。


















































【LOOK 7】
DRESS:プリントドレス ¥36,000-(3月デリバリー予定)
PANTS:ロングフレアパンツ/ホワイト(3月デリバリー予定)
このふわりとした生地のフレア(またもスカートに見せかけて)パンツがとても綺麗でこれは是非ともお試し頂きたい代物でありました。
思い出すだけでもうっとりします。品が良いのに背伸びをせずにすむ。
























































【LOOK 8】
DRESS:ドレープロングTシャツ/ブラック ¥24,000-(4月デリバリー予定)
素材も気持ち良いし首周りもすっきりとしているし、そしてお馴染み豪快アシンメトリーとドレープも綺麗で、
この無理のないお洒落。休みの日に毎回着たいやつではないですかおい。













































【LOOK 9】
TOPS:ノースリーブフレアトップス/ホワイト ¥26,000-(2月デリバリー予定)
SKIRT:アシンメトリーフレアスカート/ブラック ¥32,000-(2月デリバリー予定)
こういう綺麗な服を着られた時に、
心が洗われて自分が綺麗になったんじゃないかという謎の自信と錯覚はなんだろう。
自分のだめな部分帳消し出来た気に。
お洒落にお金をかける意味が直結で伝わるルックのひとつであります。

















































SHOES:PATRICKコラボ ベルクロスニーカー ブルー/ブラック/イエロー ¥19,000-(4月デリバリー予定)
今回のシューズは古い時代のボウリングシューズのよう。
やけに気になるフォルムをしていました。











































あ〜、つらつら書いていたらまた欲しくなったな〜
月末から11月中旬までが怒濤のスケジュールですが、
こういう元気と癒しのおかげで結果オーライです。


気になる商品はご予約も承りますのでお問い合わせ下さいね。