2014/09/08

今月の歌舞伎





ずっと生で観たいと憧れていた「連獅子」を
遂に観られる日がやって参りました。



親獅子よろしく、沙世ちゃんと共に。


















































さて「連獅子」とは何かと言えば、
歌舞伎と聞いて頭でイメージする大半はこの画かと思います。
これが「連獅子」という演目であります。


毛をまわすって、改めて深いよね。



































ずっと映像で観て来たものなので、
生で拝める感動はいつもより物凄いものがありましたが、


片岡仁左衛門さん"黒柳徹子を女にさせる”でお馴染み、美形で知的な雰囲気を醸す稀に見る格好良さの仁左衛門兄さんです♡
と孫の片岡千之助くんの連獅子は、
千之助くんがすごくしなやかで美しかったなー!


また贔屓の役者が増えちゃいますね♡うふふ♡




今回は贅沢中の贅沢、花道間近で拝めたので、
足踏みの振動もとても伝わりさらに感動しました。




ああもう一度拝みたい。
あの演目の表現はあまりにも神秘的であります。


歌舞伎座のあんなに天を抜けた空間で、あの神秘を観られる事はやっぱり最高の贅沢です。




是非、幕見席でも観るべき。

そして先週で終わってしまったシネマ歌舞伎の黄金の回である
中村屋による「連獅子/らくだ」もアンコール上映されるとの事♡
こちらは映像でもまた違った素晴らしさがあるので太鼓判です。

http://www.shochiku.co.jp/cinemakabuki/lineup/07/














この細い花道を、
床まで引きずる長い毛がありながら後ろ向きで猛ダッシュしていった技は普通に驚きましたよ。




























































今回も素晴らしい時間を、とてもとてもありがとうございました。