2014/09/01

blackmeansとhiroshimadenim





9月になりましたね。


夏の間に企てていた事がいよいよ決行となります。


参りましたblackmeansさんによる、ヒロシマデニム!










































「blackmeans」、「hiroshimadenim」については
Sisterblogをご覧下さい。











これは半年前に初めて購入したblackmeansさんですが、
この時は今回の企画になる事は本気で想像出来なかった。






















































ハタから見れば、Marques ‘Almeidaのデニム展開が盛った直後に
またデニムをと混乱されるかもしれませんが、




表現はデニムであれど、全く別の存在である事をみて頂ければ嬉しいです。


紹介するものはお洋服である訳ですが、

紹介する内容は
私たちが敬意を表する取り組みを持った存在です。



主に私が前のめりに進行している企画という事は、

そういう事だと黙認して頂けるとも幸いです。







今回のこの企画進行段階からすでに教わっていますが
物を改めて丁寧に捉える事や、追求していく姿勢というのは
なんたる鮮やかな事だろうか。


何よりも、こういうすごい人々がというかフィクションのような存在が現実に実在してました
物を作るからこういう物が完成する
という事を知られる機会になれれば、と考えてます。



それが8割はほぼシンプルなデニムアイテムですから更に奥深いですよ。




本家は革職人であるblackmeansさんの革アイテムも
お許し頂ける限りのアイテムは一緒に並べたいと思い現在進行中です。









正直、今回が一番びびっています。笑えない


こんなチャラい街 渋谷にいる自分には、
職人であるblackmeansの皆さんが自然界の驚異のようで 笑えない






しかし色々とお聞きすればするほど、物作りの奥深さに底尽きなくて
毎度感動しています。





マルケスのロングジャケットと、
ヒロシマデニムのGジャンとパンツ。

デニム尽くし。
でもこの企画が終わる頃には、各々の存在の意味が違う事をより理解して
よりそれぞれに喜べそうです。













































受注会詳細はまた明日に作成しますね。