2014/06/19

歌舞伎2DAYS


究極 贅の極みであった2連休






2DAYS 初日











































松嶋屋 片岡仁左衛門丈、復帰の"お祭り"を観劇。

演目"お祭り"は、休養などしていて復帰された役者さんが舞台を踏む時によく演ずる演目で、
すこぶる粋な掛け合いがそれとリンクする訳です。

「待ってました!」
とどこからか大向こうの声が掛かって、
それと聞いた鯔背な鳶頭がピリっと
「待っていたとはありがてぇ」




もうね、舞台を待っていた側からすると
役者のこの声でこっちも粋な気持ちになっちゃって(キャラ違い 埼玉出身)
本当に感動するんですよ。






最後に観たお祭りは、新歌舞伎座になった時のこけら落とし興行の時で、
勘三郎さんがいなくなった年でしたから、
仁左衛門さんのお祭りは余計にそういう事も含んで感動しちゃう。





この日はMA déshabillé  FUYURI(SAYOカラー)
今日のブログはまた歌舞伎ネタかよと思っただろう。こんなオアシス、正装しているに決まっております。

















































2DAYS 2日目









































コクーン歌舞伎 「三人吉三」観劇。

最上級 贔屓の中村屋
勘九郎丈、七之助丈を久々に拝めて幸せ。



この映像は過去で、先代が同じ会場でコクーン歌舞伎として。
この時は、現主役の2人は生首役でした。




















最も見どころのこの大詰め、この映像だと5分めあたり絶頂です。


中盤あまりにクレイジー過ぎて、
それぞれの役者さんが
何を何しているのか分からなく見えてきて一種のハイ状態で拝めます。
かたや、ふんどしではしごグルグル、かたや着物で雪まみれグルグル、もう最高です。





これは先代の映像ですが、
今回の2二人もまた違う、素晴らしさでした。

といっても、先代の吉三を直接観られた事はなかったけれど。


しかし勘九郎丈がとにかく先代と尋常じゃないくらい似ている瞬間があって、
暗闇から声だけのシーンなんて、先代じゃないかと思って鳥肌が立ちます。


時折、というのがまたいいんです。








そしてこの日はMA déshabillé  MAGNOLLIA(SAYOカラー)















































2DAYS明けはちょっと恋した気分みたいになってほこほこ出勤。ファンの正しい連休明け





素敵な思い出できました。ファンの正しい感想

ありがとうございました キラキラ〜