2014/06/07

AI WEIWEI: NEVER SORRY
































AI WEIWEI: NEVER SORRY





休みの日は頭が働かなくなるので、
社会的、現実的なものから目をつむる節があるのですが
こういうドキュメンタリーを久々に観ました。




永瀬沙世ちゃんと話していた時にふとこの人の存在を教えてくれて、
私は全くこの人の事知らなかったので、
画像検索だけして、なんだか穏やかでない表現だと思っていましたが、
そんな矢先iTune storeの映画コーナーで恐ろしいジャストタイミングでこれがアップされていたので鑑賞。




これは凄いな.. 穏やかでない訳だ。


冒頭、
「私は猫を40匹飼っているが、ドアを開けられる猫が一匹だけいる。
他の猫はそれを見ても開けない。」

という話から始まるこのドキュメンタリー映画。



ドキュメンタリー映画は主観が強いものだから、その精神だけを鵜呑みには出来ないけど
表現する人の思考を見られる事は取り巻く環境含め、思わぬ事も教えてくれます。
しれっと「友人」との間に出来たという息子出てくるけど、途中からそっち気になっちゃう



何より画像検索だけした時の印象と変わりますね。



この内容で、あまり表情が変わらない所もいいです。