2014/02/28

2日目


2日目から冷たい雨が降り始めました。

これからずっと雨が続くようで..本当に困る。



朝一で向かったのはJ.W.Anderson
(現在SisterではVERSUSとのコラボアイテムを展開していますが、
いよいよもうすぐS/Sが入荷予定です。これがまた、とてもいいんです。)























































とても素直な気持ちで、
改めてJ.W.Andersonが好きになりました。
自然に洗練されていて、今30前後の私たちが着たいとうっとりするラインナップです。
素材と形、構築がとっても好き。哲学的なお洒落と感じます。
完結しないような、続きを考えるような、 間 みたいなものを感じる空気が漂う
とてもとても好きなコレクションでした。
(詳細は帰国する3月初旬に店頭にてご紹介しますので、ぜひお尋ね下さい)









そのまま急いでCARVENのランウェイショーへ向かいます。
長尾はASHLEY WILLIAMS新作のスカートとサメバッグを持って。



























































私はblackmeansのジャケット。











































コレクション風景の一部をSister instagramでも更新しています。
今回はパリ出張インスタもアップしていますので、時間あったら見てみて下さい。











その後はCharlotte Olympiaの展示会へ。



































































思いっきり度肝を抜かれました。
今回のA/Wのテーマがとことんチャイニーズテイストなのに驚いていたのに、
さらに、
この展示会のためだけに、ショールームをすべてチャイニーズ仕様に統一しています。


壁はすべて朱色、BGMも家具も、小物も、植物も、すべて。
マリアージュフレールのお茶も、それを出してくれるボーイも、
すべてアジア一色です。











そして、Charlotte Olympiaの看板娘、
AMANDA FATHERAZIのドールもしっかりと。




























































ここまで徹底するブランド、もっともっといたら、
もっと夢のあるファッションを皆が知る事が出来るのかも。

このブランドを扱わせてもらっていて嬉しいと思い、
自分もこのブランドを所有している事を誇りに思いますよ本気で。

商業よりも上に、普通に夢を提示しているみたいです。



このブランドもまた、ガチンコです。






















少し晴れて、太陽のありがたさを感じつつ歩きまわって















































今日もまたヘトヘトになった所で本日の仕事終了。


今日こそ美味しい夕ご飯を食べようと、
思い出したのが弊社FAKE TOKYOのチーフPRディレクター柳に教えてもらった
パリのおすすめごはんリスト。通称"やなログ"




リストのひとつが今日まわっていた近くだったので早速行こうと
"やなログ"を見直してみると

「食べ物に飽きてきたら行くのがおすすめ」
「スープ系が美味しい」



海外食にちょうど疲れて、寒さで凍えそうな事を見透かされたようなコメント付き"やなログ"。




まるで行動をすべて把握されている気持ちを持ったままそのお店へ向かってみると、
開店までまだ少し時間が。





すると、また"やなログ"を見てみれば
「その店を背に右へ行くとかわいい洋書屋さんあります」





まるで、開店までの時間潰しまで見透かされているようです。





これはすべて"やなログ"に従うしかありません。















「その店を背に右へ行くとかわいい洋書屋さんあります」





















































「食べ物に飽きてきたら行くのがおすすめ」
「スープ系が美味しい」






















































......本当に美味しかった。


弊社の男性スタッフは皆優しいんですけれど、
チーフは随一でした。





"やなログ"はまだまだ美味しいお店リストがあったので、
なるべく多く行きたいと思います。一言メモに忠実に。














2014/02/27

PARIS


1年ぶりにパリ出張へ行かせて頂いています。

今回は一人ではなくバイヤー本家 ユミちゃんと一緒です。


ユミちゃんとのパリ出張は、Sister始まる前の約7年前からの達成希望事項
だったのでようやく達成されました。

二人で行かせてもらえるのも、あいちゃんおみなさんあやこちゃん達お店を守ってくれてるSisterの皆のおかげでもあります。




パリには数回行かせてもらっていますが、今回のパリで初めての






穏やかな朝食





















































エッフェル塔を直視、そして記念撮影










































































無駄なアー写















































































が出来てとても新鮮な出張です。



ユミちゃん、産後初の出張なので気合い入っちゃって朝3時パリ着。

そのまま夜まで動き、初日から順調にハードスケジュールを刻めました。
(最後の夕飯、疲れ過ぎて明らかにまずそうなチャイニーズレストラン入ったらやっぱりまずくて最後台無し)ああいう所はオリジナルを知らないからイメージだけでやってはいけない軽はずみなアレンジを効かせてくる。ファストファッションに同じだと思います。







さて初日一番最初に行くのにふさわしく、
UKブランド合同ショールームにて、
Piers AtkinsonASHLEY WILLIAMS、HOLLY FULTON(新コレクションもうすぐ発売です♡)に会えました。


















いつも癒しと笑いをありがとうPiers Atkinsonは今回も大炸裂。
Piersとアシスタントさんがペアルックニット帽で待っていてくれた様が非常によかった。

ユミちゃんと久々の再会を果たしたPiersは、ユミちゃんの子供が無事生まれたと言ったら
胸元を抑えつぶらな目を潤ませていました。いいよね〜 どこまでも

















































ASHLEY WILLIAMSのニューコレクションも、
もうあまりにも可愛くてたまりません。
しかもASHLEYちゃんも1年前よりすごいかわいくなってますの。
この1年何があった、ASHLEYちゃん。




















































HOLLY FULTONのパンツを履いて、HOLLY FULTONと再会です。
今回も相当にふっ飛んでいるコレクションで、
新境地の事もチャレンジしています。そのアイテムがまた神々しいです。
もうすぐ届く春夏が早く着たい。

















































と、ここでもう睡魔に勝てなくなってきたので、
また感動した事を更新させて下さい。











2014/02/25

Today's Styling



Rider's Jacket:blackmeans(私物)
Tops:KENZO
Pants:KENZO


















































































パームツリー柄の陽気さと、
ライダースの頑さ。



2014/02/24

Today's Styling







CARVEN 2014 pre S/S フレアショートパンツ
Charlotte Olympia ハイエナkitty フラット





この時期になると、自分のお店の外でもオーダーしていたものが届く季節です。


blackmeansさんにて初オーダーしたアイテムが届きました。


メンズサイズのスエードフリンジライダース。
重みも存在感もとってもまっすぐです。

















































初めて伺ったblackmeansさんの展示会は恐縮しちゃって怖かったな〜。笑

何せ女だけのお店をやっている身ですから、完全アウェイでどうしていいかわからず。
Sisterにいらっしゃる男性はこんな気持ちなのかと理解出来ましたよ、ええ。

けれど、代表の小松さんを通して
本気で革製品に取り組んでいるガチンコな方々の場所というのを知ると、
改めて格好良いなと憧れました。




革専門に逸脱している所も素晴らしく、すべてにおいて本気な皆さん。革でバナナケースとかまで作っちゃってる



という事で、今までライダースに憧れていても、
どこのライダースを買えば自分の中で腑に落ちて自信が持てるか分からず
高価のものを買った事がなかったのですが、
ついにです。


本当はスタンダードなシンプルライダースを目指していたのに、
いざ展示会へ行ってなぜか目に留まったスエードフリンジ。

スエードでフリンジのライダースなんて一番興味の無かったアイテムでしたが、
なぜかオーダーしました。



これって凄い事ですよ。
自分の好きなもの越えて、欲しいと思うのはやっぱりブランド力でしょうか。

さらに、まったく自分の身体には合わないメンズサイズ4でオーダーしました。
私の、blackmeansさんへ対しての一種の敬意です。





数ヶ月たった本日、いよいよ届いて、
自分のお店以外で、届くのをこんなに楽しみに思ったのが久しぶりで、
それにも自分で驚いた。



なるべく自分に馴染まないように、着て行きたいと思います。
私とは全く違う世界の人の、格好良い服なので。