2013/10/30

TARO HORIUCHI


先日、TARO HORIUCHI PRE S/SのルックをSisterblogにて公開しました。



こちらのデリバリーは1月頃を予定しています。

私はこのあたりを個人オーダーしてます。

























































上の画像、クルーネックのセーターですが、
オーダーした最もの理由がこれ


くるっと後ろを見れば
アラいやだ♡なセーラーカラーです。















































そしてこの猛烈に使えそうなポケット付きタイトカーディガンもオーダーしました。

タイトさ、胸元の開き口、ポケット付き、丈感、フレア仕様、
最もデイリーに適しているポイントが満載です。














































これはPREシーズンでもうすぐ届くものですが、

先日メインS/Sコレクションルックも発表されました。
これは近日Sisterblogでも全ルックをご紹介しますが、
ユミちゃんも高揚している様子の伺えるこのシーズン、

フランシスベーコンの三幅対シリーズから着想を得ているとの事で、
これは高揚します。





























どストレートにこのあたりのトップス欲しいなぁ....




















































反応された方、お喜び下さい、

このコレクションが先行受注会「PRE ORDER」にて直接ご覧頂けます。

TAROさんの期間は11月2日〜3日までとすごく少ないので、
是非ピンポイントでいらして下さい..!




ご予定の合わない方、ご遠方の方、大変申し訳ございませんが、

今回ブランドさん側が生産スケジュールの都合上かなりタイトな中、

先行受注会「PRE ORDER」へ無理して置いて下さる事になったので

(そういった関係でAKIRA NAKAさんが今回PRE ORDER自体に参加出来ませんでした..涙)


TARO HORIUCHIはオンラインでのPRE ORDERが出来ません... ごめんなさい....









そうして
新しい季節を待ちながらも、もう外はすっかり寒くなって参りました。
(風邪、流行ってます。皆さんご自愛下さい)











そして先週から発売した、TARO HORIUCHIのAWがこれまた素晴らしいです。







AWではアンディーウォーホルやデヴィットリンチなど、
これまた高揚するアーティスト作品からインスパイアされています。







TAROさんは古美術商を営んでいるご家庭育ちだもんで、
(最初それ聞いた時爆笑しました。美術商絡みの方とか滅多に接点ないんで)

コレクションは常にアート作品が潜んでいます。






そこへ近代的な要素や、独特のユーモア、
アントワープ時代(MAdeshabille村田さん、AKIRA NAKAさんと同期)
に培った技術全部含まれて、
国内ブランドの中でも静かにつよーく異彩を放っていると思います。


今回発売したショッキングピンクアイテムは、
メルヘンの象徴的なピンクを、サスペンスやダークな世界観として用いられている様が大好きです。

ショッキングなピンク。


それに加えて粋なのが、スリムなテーラー仕様。
そういう足し算、引き算やしとやかさはなんだか日本人らしい気も勝手にしています。







COAT:TARO HORIUCHI











































































そして中にも危うくパープルに近いピンクの羽柄。








DRESS:TARO HORIUCHI





































意外にゆったりとした身幅と袖部分。
違和感のある形は折り紙着ています感が好きです。











































そんなテーマ性の強いアイテムが好き!という面もあれば、
スタンダードなデイリーアイテムが好きという面も否めません。


そんなTARO HORIUCHI のもうひとつの側面ではこちらがお勧めです。











COAT:TARO HORIUCHI
























すっきりとした肩幅、日本人に嬉しいハイウエストの切り替え、
そしてフレアな丈。


さらにTARO HORIUCHI らしさ前回なのがバックスタイル。



ウエストからバックにかけてがとても綺麗に見える、
ケープドバック。
背中が二重構造になっている様です。

そして深めのプリーツによって作られているフレアライン。




































着た様は目から♡マークが出る心地です。


この言い分は、おそらくご試着頂ければ分かって頂けると思いますよ。
是非ともご体感をお勧めします。





今週、来週に渡って存分にTARO HORIUCHI をお楽しみ下さい。