2013/03/18

それから

なぜこうも美しいのかは、
描写でしょうか。



話だけで単純に考えたら、
最近の若い者は...という台詞はよくありますが、
この頃流行っていたこの愚図加減が最強であると、
やっぱり改めて思うものなのに。










































1985年、
森田芳光監督作品。