2013/03/04

昨日と今日

毎朝、重い荷物を持つ肩と、歩き回る足の激痛で起きるという、
まったくパリのロマンティックから遠退いている毎日です。



久々にパリに来させてもらって、
色々思い出しています。

素敵な事ばかりではなくて
1日の大半はしんどかったり嫌な思いもしたりします。




今回ひとりなので、
しんどい事を笑って消化する事が出来ないのが余計しんどい所ですが、
そんな時こそやっぱり
お洋服がただただエネルギーをくれる訳です。



何であれ素晴らしいと感じる事は、
一瞬でさっきまでの疲れを吹っ飛ばしてくれるものです。



お洋服は、やっぱり最高の自己投資です。






昨日は念願のここへ。


















































Sisterでもいよいよ今週末発売の、
Olympia Le Tanです。




ユミちゃんが行った時の写真を見てから、
行ってみたいなー!と思っていたので、着いた時には感動。






オランピアのお父さん、ピエールルタンの描いた世界をそのまま家具に。



































インスタレーションの時、一際可愛かった彼女もいました。


































来シーズンも、お値段は覚悟ものですが、
信じられないくらい素敵です。

さっきの自己投資の話の延長で、
この世界を買う価値が充分にあるのがOlympia le tanです。






















ここで、すこぶる元気をもらって、

また一日中歩き回って夜になってから、
疲れた身体に鞭打って、念願のここへ。






ドキュメンタリー映画も観た、
パリで最も有名で前衛的な、誇り高きナイトショウCrazy Horseです。





















































































内装はすべて真っ赤。
本当にすべて、です。













































トイレも真っ赤なのですが、
まさかのペアプレイ。














































ドキュメンタリーで観ていたこれが出て来た時が一番感動しました。






































今回のクレイジーホースでの裏テーマは、
「凄過ぎるムッシュたち」です。





















































この写真の撮り方から、どれくらいの手厚さかお分かり頂けますでしょうか。
入り口のマスコット的ムッシュ、中のフロアマネージャームッシュ。
ここでのムッシュ小話も出来たのですが、それは直接お話させてください。


パリへ行く方、太鼓判を付けてお勧めです。






















そして今日、
KENZOのコレクションがありました。



































巨大倉庫のような場所で、
中が物凄く極寒。








































そこへさすがKENZO、
オリジナルタンブラーにいれたホットコーヒーと、
オリジナルのブランケットを提供してくれます。





















































これまた素晴らしく元気をもらって、その後張り切って展示会周りへ。


そして、私も念願のこの人に会えましたよ。






PiersAtkinson!

この写真、すべてがすごくシュールですよね。





































ユミちゃんの話を聞いていた通り、
物凄く優しくて、かわいいおじさんでした。



やっぱりPiersが大好きだと思ったのが、
アイテムのインスピレーションもとを説明してくれている所。


例えばこちら。



































「うん、この子もかわいい。あ〜この子もいいね〜」
と、絶妙な画像出すのが上手い所と、
すごく幸せそうにそれを愛でている所。





会えて嬉しかったです。










さぁ今日も思いきり働いた!
明日も頑張ります。


おやすみなさい!