2013/03/01

初日

出張初日の今日はショーとインスタレーションをまわる事が出来ました。

展示会も少し行けて、
まだパリの気温と人の寒さに慣れなくて四苦八苦初日です。




まずCARVEN。

ランウェイの先に車が陳列。あっぱれです。

バンビ柄とフサバサしたファーアウターが脳裏に刻まれて離れない。
今すぐにでも欲しい。

そして外にいる海外ブロガーさん方の多くには、
私の思うファッションとはまた違った角度でファッションを楽しんでいるのかも知れないと思った事もひとつ。

なんだか、日本野鳥の会を思い出しました。
良い意味でです。




































パリに来てから、ようやく温かいものにありつけたランチ。

MARIAGES FRÈRES本店。
メニューとともに、MARIAGES FRÈRESの歴史教科書をそっと添えられる。
そしてサービスが素晴らしくって涙。























































そしてAnn-Sofie Back Atelije、BACKの展示会へ。





今回、今までで一番ドツボです。楽しみにしていて下さいね。



































































そしてTOGAのインスタレーションへ。





















































改めて、TOGAというブランドは素晴らしいと思いました。
あの独特の、本当にどくと〜くの世界観て意図されているんでしょうか、
自然発生でしょうか。

パリで見られた事で、改めてそんな世界観を実感したような気がします。





そして、OlympiaLe-Tan 。

もう、本当に、カワイイ贅の極みでした。

会場の博物館からもう素晴らしい。



























この女の子たちが、会場外で何やら練習をしていて、






























会場のひとりひとり配りものをしてくれます。
YAZBUKEYさんに渡す図。










































それが可愛らしいクッキー。
もう120点です。











































そそくさ
































崩れた童謡のような音楽が流れ始め、
踊りながらご登場。

踊ってらっしゃるので、まったくピンボケです。





































もう完璧だと思いました。
自分の世界をクッキーひとつに至るまで行き届かせて、
すごく伝わってくるんですよね。
物凄くかわいい。



今回はCharlotte Olympiaとともに。
んもうっ!

























ピンボケしまくっていますが、
伝わりますでしょうか。
この可愛さと、温かな世界。





























毒を感じる童話の世界みたいで、
その毒感が物凄くかわいく施されていて、

何よりも、Olympiaがちゃんとお嬢様というのがとっても伝わってきちゃう感じです。

贅を受けて贅を成して、徹底して贅を尽くした可愛さ。
豊かな、穏やかな感じ。

私たちにはそのアイテムが高くとも、
身に付ける意味はあるように、なんだかすっと実感するショーだったんです。




では、おやすみなさい。