2013/03/30

couture safari


今日から新しく発売したCARVENのsafariスカート。












































ランウェイでも一際その場を浮き立たせるシリーズですね。



















































このサファリシリーズ"クチュールサファリ"のインスピレーションはこういう事だそうです。

これがまた面白い。




「アフリカの女王」のキャサリンヘプバーン















そして「Out of Africa」




































そして、そのOut of Africaの原作者であるカーレンブリクセンに憧れて
アフリカへ行った事から始まったピータービアードの全盛期の芸術。
そしてピーターの存在そのものがインスピレーション源のようです。







































この方、すごく興味深いです。
ざっくりした説明文でもこんな感じ。

30年以上をケニヤで過ごし、滅びゆく野生の動物を、
アフリカの神秘と大自然の魅力を観察し、写真を超えたドキュメントを撮り続ける。
60年代からその鮮烈な写真で訴えたヴィジュアル・エコロジスト。
ミック・ジャガーをケニヤでもてなすダンディな男。


↑一番最後の文の締め方が大雑把でハイセンスですね。





































彼の代表作「Diary」が更に興味深い。
今やプレミア価格のようです。
































(確かにミックジャガー、そしてカトリーヌドヌーヴ、
アンディウォーホルを草原へ引き連れています。ダンディですね。)











フランシスベーコンが彼の肖像画も描いています。










































そこから来シーズンAWのCARVENでは
フランシスベーコンがインスピレーションのひとつとなっていますから、
こうして続いていく流れもとても興味深くで面白いです。

ギョームアンリのCARVENの好きな理由のひとつが、
彼のこういうセンスとエディットです。





で、そのインスピレーションから作ったものがこれですから、(どこ?)
やっぱりCARVENが大好きです。







2013/03/29

3月30日の発売③




そして明日の発売はまだまだございますよ。

沢山の入荷なのでキャラクター的に存在感がひっそりとしていますが、
生産完了で遅れて到着のAKIRANAKAのブラックフレアスカートもそのひとつ。






もう、Sisterでセレクトしているブランドは
フレアスカートの仕立てがどの方もお上手。
(うちはフレアスカート好きなので、だからセレクトしているんですけれどね)

けれど今回、
いつものAKIRAさんアイテムでもちょっとイレギュラーだと思います。


これは組み合わせの都合上、ウエストをやや上に上げていますが、
実際は腰へ落とす仕立てとなっています。
フレアの展開がそこから更にやや下へ、斜めの裁断から始まっているのにご注目。















SKIRT:AKIRANAKA














膝上の丈なので、春夏らしいガーリーさがとても素敵。


これには、ずーっと待っていたこのバッグとの合わせが個人的に最強です。









TOPS:OWN(OLYMPIA LE TAN)

 BAG:CARVEN(¥42,000-)


































切手シリーズより、アールヌーボーシルエットのショルダーバッグ。
これまたこちらも明日発売なんですよ。葛藤。

私、切手トート持っていますが、
勿論これも欲しいに決まっています。葛藤。












































スカート、バッグ諸々、曲線を演出出来るのがたまりません。

















































だがしかし、発売は続きます。(なんてこったい)



まさかのKENZOまでも生産完了した靴類が発売です。


私の気に入りは特にこちら。

KENZOワールド大フィーバーな愉快なテキスタイルサンダルです。
(こちらお色違いもございますので、そちらも是非チェックしてみて下さい。)





































個人的には、
上から下までとことんすべてKENZOか、
他を抑えてKENZOがどんとスポットに当たるような身に付け方が好きです。




こちら、私の中で
"足だけかしまし娘"スタイルです。














































かしましいとは愉快だね〜
ピーチクパーチクかしましい〜





という事で週末は発売お祭りです。
是非お待ちしております。






3月30日の発売②

続きましては、溺愛のCARVENです。




バラバラでの入荷となってしまいましたが、
瞬時に完売してしまったサファリ柄の相棒が遅れて到着です。









SHIRT:CARVEN(¥40,950-)
SKIRT:CARVEN(¥42,000-)
PUMPS:CARVEN(¥54,600-)




















































改めて、ギョームアンリのシュールな側面の垣間見える
"クチュールサファリ"を愛でられる事を嬉しく思います。

前回のシャツ同様、シャツ地で作られているので履き心地もお勧めです。














































このスカートもアールデコシルエットを用いていますので、
柄で楽しみ、履き心地で楽しみ、
そして形で楽しむという至れり尽くせりです。
ポケットまで..!













































サファリスカートはホワイトベースの柄にシャツ地なので、
その爽やかさを尊重して、ベージュのシャツが一番素敵な相性だと思っています。

それでいてCARVENが唱えるアールデコのカッティングを上下でリンクさせれば、
CARVEN的造詣深いコーディネート。
こういう自分だけ高まっている組み合わせが一番楽しいんです。







































こちらも明日発売でございます。

やはりこちらも、早めにご覧頂く事をお勧めしています。









3月30日の発売①

明日は週末発売ラッシュです。

うーん、やっぱり発売ラッシュはとてもエネルギーが高まって心地が良いです。



振り子とか、L字型の棒を持ってダウジングして、
「...ありました!」

と言う感覚(ダウジングした事ないのですが)を、
最近自分の携わるファッションをイメージする時思うんです。


ひとつにファッションと言っても、
無数のブランドがあって、様々な系統もありますよね。




その中で、いいなと思うものを見つけられるというのは、
改めてとても楽しい事です。



これらが入った箱を開けた時なんて、
それは、もう。

「ありました!」











































着ているのは、私物のSOPHIE HULMEのガウンなんですが、

この鮮やかなバッグシリーズはゆるいシルエットにも引き締め方が尋常ではありません。


お値段は張るのにいつもあっという間に無くなってしまうSOPHIE HULME。

今回もなのでしょうか...
毎回、嬉しくもとても切ない発売日。




いよいよ明日発売です。
お楽しみになさって下さいね。












2013/03/28

SOPHIEHULME


もうすぐSOPHIEHULMEがやってくる♡

ワクワク!
















































パリで、結構SOPHIEHULMEのバッグを持っている人を見ました。

結構というか、
稀なのですが絶対に目に入る恰好良いキマッタ人が必ず持っていたから、
結構見た気になって目に焼き付いていたのかも。



堂々としているからいいし、
年々、飽きるどころかもっと好きなブランドになっていっています。